GATEフレーム -(3)

■step-[IV]
最後の ”X-factor" あるいは、”expertise factor"と著者らが銘銘しているもので、これが、患者の要望や医師のポリシー、あるいは総合的な判断となります。


gate

(1) evidence(epidemiologic):
  (a)本研究のメインのメッセージはないか?
  (b)他に関連した介入研究はないか?
メタアナリシスの発表はないか?
  (c)討論、デスカッション
(2) Patient preferences:
(3) Policy issues:
(4) Clinical considerations:


エビデンスの質、セッテイングなどを考慮して最終的にどのような決定をするかというアプローチをグラフィカルに実践することです。
当院HPリンク: GATEフレームを使った批判的吟味 参照。


なお、GATE frame の ”▽○□X” の4つの図は、Rod Jackson 氏によれば、ニュージーランドの学生の意見でプレイステーション・ゲームの4個を参考にしているということです。


(附) http://spell.umin.jpの南郷先生が以前にGATEフレームの詳細を紹介しています。
The Spell

GATEフレーム -(2)

gate

■step-[III] GATE frameの次のステップです。
▽→○ → ”□”  ですが、これは添付図のように2x2の4分表で、従来のPECOのアウトカムです。
ちなみに、本例では、虚血性心血管イベントによる死亡リスクは介入群 71/1380、対照群 58/1383 であり、相対危険(RR)=1.23(95%信頼区間=0.87~1.72)です。


ただし、 研究のタイプによって、(例えば横断研究 vs 縦断研究)、ある期間経過後の1時点での評価(例、prevalence; 1年後の脂質レベル)、あるいは、研究期間中のイベント発生頻度(添付図例のように 平均研究期間=4.1年の虚血性心疾患のIncidence)という 時間軸が ”time factor”が 追加されています(図IV)。


これが、PECOではなく、PECOTという意味です。

GATEフレーム (1)

GRADEシステムと同時進行的に、GATE(Graphical Appraisal Tool for Epidemiological studies)について、スタートしようと思います。 今年の総合診療学会でも取り上げられたものですが、今後の理解に少しは参考になると思います。

gate

図はGATE frameの全体像ですが、医学論文の妥当性をグラフィック形式で理解しようという目的で作成されたもので、 ”PECOTX” の表示としては ▽、○、□、(T)、X と5種類あり、トップが”▽”で、順番に下方向にチェックしていくという方向です。


以下に引用するデータは ACP Journal Club 2006のEditorial論文(JacksonR 他)で、HERS研究という大規模なランダム化比較試験で、ホルモン補充療法について米国で実施された研究です。


hrt

■step-[1]
▽=Populationsですが、実は3段(i, ii, iii)に分かれています。
本例では、最初に68561人を選択し(i)、その後に閉経女性、80歳以下などの条件で絞込み、最終的な参加者2763人がランダム割り付けされました(▽ーiii)。


■step-[II]
2群のランダム割り付けですが、”○”の左右に 介入群とコントロール群に分けられ介入=1380人、コントロール=1383人です。


したがって、もし▽部分の最終段階(図▽ーiii)の人数と、この○部分の人数が一致しないと、信頼性が低くおかしいということになりますし、また左右の人数もほぼ同等であるべきです。