GRADEエビデンスの質の文章表現

GRADEエビデンスの質、「高」、「中」、「低」、「非常に低」の4段階を、シンボル以外に、文章で表現すると、appears to、may, probably, seems の単語が使われています。(EBM guideline, 2010)。

実際に作成された推奨における文章表現も、このような使い分けになっていることが多いと思います。
GRADEエビデンスの質のステートメント・・・[GRADE関連の参考資料より]