Category: ‘スコーピングレビュー’

スコーピングレビュー(Scoping review)とは

2020年6月13日 Posted by aihara

スコーピングレビュー(Scoping review:ScR)は「マッピングレビュー(Mapping review)」または「スコーピング研究(Scoping study)」とも呼ばれ、レビューの一つのタイプです。

ScRに関して統一された定義はありませんが、Grant and Booth(2009)によると、スコーピングレビューは「入手可能な研究文献の総数や範囲についての目安を把握するための初期評価であり、研究エビデンス(現在進行中の研究を含む)の内容と規模を特定することを目指しているレビューである」。

Temple University Libraries services and resourcesの解説によると以下のような特徴があります。(ここでは、ScRとmapping reviewを区別していますが)

—————————————-
スコーピングレビューのデザインは、次のような場合に最も適している。
「文献の総体がまだ包括的にレビューされたことがないケース、あるいはその内容が膨大、複雑、または異質性がみとめられるなどの理由で、より厳密な系統的レビューを行うのに適していない場合」

•文献の総体には、年月日等の情報、場所、(例: 国または状況)、情報源(例: ピアレビュー文献または灰色文献)、そして出所(例: 医療分野または学問分野)がわかるような呼び名を付ける。
•トピックまたは分野の実用的定義と概念的境界を明確にする。
•既存の文献/研究に欠如している情報を特定する。
—————————————–

Joanna Briggs Institute(JBI)マニュアルによると:

●スコーピングレビューを実施する最も一般的な3つの理由は、文献の幅や範囲を調査すること、エビデンスをマッピングして要約すること、将来の研究を通知することである。

●スコーピングレビューの適応は以下である。
系統的レビューの前駆体として。
特定の領域で利用可能なエビデンスの種類を識別する。
知識不足(knowledge gap)を特定して分析する。
文献における主要な概念/定義を明確にすること。
特定のトピックや分野で研究がどのように実施されているかを調べること。
概念に関連する主要な特性または要因を特定する。

●系統的レビューや診療ガイドラインは「PICO」に焦点を当てるが、スコーピングレビューは「PCC」(Population, Concept, Context)に焦点を当てる。

従来の文献レビュー、スコーピングレビュー、系統的レビューの特徴(JBI manual table 11.1)

*現在の状況; これは時間の経過とともに変わる可能性があり、我々はスコーピングレビュープロトコルの登録/公開が重要であることを推奨する。 スコーピングレビューを登録できるデータベースの例は、「Open Science Framework (https://osf.io/))」と「Figshare(https://figshare.com/)」である。
**批判的吟味は必須ではないが、レビューアは、レビューの目的に応じて、スコーピングレビューのバイアスのリスクを評価および報告することを決定できる場合がある。
***統計的メタアナリシス(有効性、有病率または発生率、診断精度、病因またはリスク、予後または心理測定データ)、またはメタ統合(実験的または専門家の意見のデータ)または両方の混合方法レビューでの使用は、通常、スコーピングレビューでは実施されない。

************
スコーピングレビューは、今後ますます増加してくるでしょう。
診療ガイドライン作成者にとっても、必須となります。