2024年5月31日 Posted by aihara

インプラント義歯装着者の機能評価のガイドライン

インプラント義歯装着者の機能評価のガイドライン

インプラント義歯装着者の機能評価のガイドライン


[Mindsからのお知らせ]
この診療ガイドラインは、「インプラント義歯装着者の機能評価」を主題として、日本顎口腔機能学会によって作成されています。
2022年に発行されました。Mindsでは、2024年3月12日に選定部会にて選定されています。
*****************

診療ガイドライン作成の基本ルールが順守されていないです。
Mindsのガイドライン選定委員会のレベルが問われていると思います。

国内のガイドライン作成手法としては、「診療ガイドラインの作成の手順 ver. 4.3. 2001/11/7」(いわゆるGLGL、福井次矢, 丹後俊郎[internet].http://www.niph.go.jp/glgl-4.3rev.htm(現在はアクセス不可)が最初のものでした。
その後、glgl-4.3が、Minds2007手引きになり、さらにMinds2014、2017に改訂されましたが、GRADE完全準拠とはなりませんでした。
そして、Minds Tokyo GRADE centerが設立された2020年に出版されたMinds2020手引きでも、完全GRADE準拠ではないもので、現在も継続しているという状況です。

ちなみにアジアにおける「GRADE center」は、中国に4か所、韓国に1か所あります。
GRADE Working Group参照)

従って、国内でも、(EBMを指導している方々が結集して、Mindsとは別に)新規にGRADEセンターを設立することが必要と思います。

GRADEシステムの基本については、下記で解説しています。

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.

  • カレンダー

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ