Posts Tagged: ‘価値観’

患者の価値観と好み (Values and Preferences) -(1)

2011年12月7日 Posted by aihara

「価値観と好み」は、診療ガイドラインにおける推奨の強さを決定する4要因(エビデンスの質、望ましい効果と望ましくない効果のバランス、価値観や好み、コスト・資源利用)のひとつです。

エビデンスで示されるメタアナリシスの結果は、あくまで平均的な患者における介入の効果やリスクであり、目の前の患者にそのまま適用できないことがあることはEBMの教科書で昔からよく記載されていたことです。

「価値観や好み」とは・・・・

JAMA医学文献ユーザーズガイドの”定義”は、次のような内容です。

————————————————————————
「価値観や好みValues and Preferences」のようにひとくくりで使う場合には、ある特定の意思決定およびそれによって起こりうるアウトカムに対して各個人が抱く一連の目標、期待、性質、および信念のことを指す。意思決定に患者の好みと価値観を盛り込むことは、根拠に基づく医療の要である。この用語は、上記以外の状況でも特有の意味を持つ。たとえば、医療経済学において、好みを定量化するためには、アウトカムに対する好みを間接的に測定するために不確実な条件下で1つの選択を要求する測定手法(スタンダードギャンブルなど)を用いる。価値観を定量化するためには、「良好」と「不良」を両端に持つ尺度でアウトカムを評価する測定手法(視覚的アナログ尺度visual analogue scales、 感情温度計など)を用いる。
—————————————————————————–

JAMA医学文献ユーザーズガイド
22.2章 「意思決定と目の前の患者」より一部を紹介すると・・・

jama-ug


したがって、診療ガイドラインで示される推奨を、個々の患者においてよく検討することが大切です。また、利益とリスクの比較に関する情報伝達に際しても、face tableのようなグラフが患者にとってはわかりやすいと思います。

face tableとは・・・・

EBM関連ワークシート(エクセルファイルを参照: マクロでできています)

worksheet
face-table


Painless Evidence-Based Medicine (Antonio L. Dans, et al, ) Wiley(2008)も参考になります。