Posts Tagged: ‘Risk of bias、観察研究、非ランダム化試験’

観察研究のrisk of bias評価ツール: RoBANS

2014年2月7日 Posted by aihara

非ランダム化試験の方法論的な質評価としては、200を超えるチェックリストやツールがあります。有名なツールの1つとしてNew castle Ottawa Scale(NOS)がありますが、信頼性が低く、偏った結果の研究を同定できないため改訂の必要性が指摘されています。

GRADEシステムにおいても、観察研究のための限界(limitations/risk of bias)評価のための基本的な基準を発表しています。(「診療ガイドラインのためのGRADEシステム参照」

今回紹介するツールは、RoBANS(Risk of Bias Assessment Tool for Nonrandomized Studies)というもので、昨年発表されたものです。

Testing a tool for assessing the risk of bias for nonrandomized studies showed moderate reliability and promising validity. J Clin Epidemiol. 2013 Apr;66(4):408-14

robans

■RoBANSによるrisk of bias評価:

Domain Details Risk of bias
Selection of participants Selection bias caused by the inadequate selection of participants •Low
•High
•Unclear
Confounding variables Selection bias caused by the inadequate confirmation and consideration of confounding variable •Low
•High
•Unclear
Measurement of exposure Performance bias caused by the inadequate measurement of exposure •Low
•High
•Unclear
Blinding of outcome assessments Detection bias caused by the inadequate blinding of outcome assessments •Low
•High
•Unclear
Incomplete outcome data Attrition bias caused by the inadequate handling of incomplete outcome data •Low
•High
•Unclear
Selective outcome reporting Reporting bias caused by the selective reporting of outcomes •Low
•High
•Unclear

■注: RoBANSは、Cochran risk of bias toolに準拠したoutcome-basedの6つの基本ドメインによるチェックリスト(Low, High, Unclearの3段階)で、GRADEアプローチにも適用可能、信頼性は中等度、RoBANSによる評価時間は平均10分であると記載されています。