Archive for: �年4月15日’

メタアナリシスにおける試験逐次解析(TSA)-(2)

2019年4月15日 Posted by admin

試験逐次解析(Trial Sequential Analysis: TSA)の追加です。

TSAマニュアルにも記載されていますが、TSAソフトウエアは、RevMan5データを直接取り込むことが可能です。

手順は以下です(詳細はTSAマニュアルを参照)。

1. RevMan5のデータをcsvファイルとして保存する。
2. TSA/RM5Converterを使ってcsvファイルを取り込む。
3. CSVファイルをTSAファイルに変換する(新規作成フォルダの中に変換データファイルができる)。
4. TSA.jarを使って、変換TSAファイルを読み込む。
5. α消費境界(Alpha-spending boundary)や、重複対数法則(law of the iterated logarithm)などの有意性検定のための必要項目を入力する。
6. 異質性(Diveristy)に関する調整の効果も評価する。

 
●例: GRADE3版で記載している、”Thrombophilia”メタアナリシス仮想例の心筋梗塞アウトカムに関するエビデンスを、RevManから変換したものが以下です。

 


 
●そのデータをTSAソフトウエアで解析したものが以下です。
(STATAを使った解析結果、GRADE3版のp139とほぼ同じ値です)

 


 
いずれにしても、GRADEのimprecisionにおける評価には、さまざまな注意点があります。

注: 「R」では、Package ‘Sequential’のようですが、やや操作が複雑のように思います。