Archive for: 𔃹月 2020’

コロナウイルス感染に対するインターフェロン産生を妨げる遺伝子変異が重症患者で多い

2020年9月28日 Posted by admin

Biotoday(2020/9/28)から:https://www.biotoday.com/view.cfm?n=92792

インフルエンザウイルスへの1型インターフェロン(1型IFN)免疫応答に携わることが知られる13遺伝子の恐らく機能損失変異が重症の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染(COVID-19)肺炎入院患者659人には無症状~軽症感染者534人に比べて多く、重症感染者の少なくとも3.5%(23/659人)はそれら13遺伝子のいずれかを損なっており、それら遺伝子欠損はSARS-CoV-2への1型IFN生成/反応を妨げることが示されました。

また、重症COVID-19肺炎患者987人の約10人に1人(10%;101人)が1型IFN(IFN-ωやIFN-α)阻害(neutralizing)自己抗体を有しており、生まれながらの1型IFN生成欠損を模すそれらの自己抗体は1型IFNによるSARS-CoV-2感染阻止を妨げることが細胞実験や感染者の血漿解析で示唆されました。

1型IFN阻害自己抗体が認められた101人の殆ど95人(94%)は男性でした。

健常人1,227人の自己抗体保有率は僅か0.33%(4/1227人)、無症状~軽症SARS-CoV-2感染者663人にいたっては自己抗体は認められませんでした。

今回の結果によると男性と女性の重症COVID-19肺炎のそれぞれ少なくとも13%と3%が1型IFN阻害自己抗体を要因とすると著者は言っています。

【2020年9月28日追記】IFNに自己抗体を有する人やIFN応答遺伝子変異を有する人はCOVID-19に先立って入院を要するほど深刻なウイルス感染症に陥った経験はなく、SARS-CoV-2を防ぐのに我々の体は他のウイルス疾患予防に比べて1型IFNをより頼りにしているようだとカリフォルニア大学のインターフェロン研究免疫学者Elina Zuniga氏は言っています。

今回の2試験の結果は回復者からの血漿によるCOVID-19治療に影響します。回復者からの血漿にはIFN中和抗体が含まれている恐れがあり、気づかずに投与してしまうことはあってはならず、血漿からIFN中和抗体を取り除く手立てが必要です。

**************
回復期の血漿に関するガイドラインとしては、
IDSA
”IDSA guideline panel recommends COVID-19 convalescent plasma only in the context of a clinical trial. (Knowledge gap)”

Australian guidelines for the clinical care of people with COVID-19
”For people with COVID-19, do not use convalescent plasma outside of randomised trials with appropriate ethical approval.”

サンフォードでは
”有効性は証明されていない”

 

国内のCOVID-19の迅速リビングガイドライン

2020年9月9日 Posted by aihara

日本集中治療医学会と日本救急医学会によるCOVID-19のリビングガイドライン

日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編 COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations の公開
https://www.jaam.jp/info/2020/info-20200831.html?fbclid=IwAR0qjh6BzHP_bMg2d3eHBGcHwWwKP8mCZK5TjiZGNYtVP9OM9keIwNyvKi4

私もコアメンバーとして参加し、およそ3か月で完成した迅速/リビングガイドラインです。(^^)

当然ながら、GRADE準拠で、
診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」(相原、2018)に基づいています。

このガイドラインには以下のようないくつかの特徴があります。

———————————————————
1.計画から推奨作成まで3か月で完了した。
2.GRADE ADOLOPMENTに従い、既存のリビングSR/NMAを利用した迅速ガイドライン作成を目標としたが、直接エビデンスを採用した。
3.迅速ガイドライン作成手法は、GIN-McMaster Guideline Development Checklist extension for rapid recommendationsに準拠している。
4.GRADEにおける「エビデンスから推奨」の決断基準は、基本的にGRADEコンテキスト化アプローチに従っている。
5.最終的には、「GRADEを利用したという最低限の6基準」を満たしている。
6.リビングガイドラインであり、今後は、基本的に1~2週間で、推奨やエビデンス総体の確実性を更新していく。
———————————————————

COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations(ver.1.0.0)に携わる機会をいただき、感謝しております。