Archive for: 󈥬月 2020’

COVID living network meta-analysisにおける比較対照

2020年12月14日 Posted by aihara

ランダム化試験において、比較対照がプラセボと標準治療なのかで治療介入効果は異なるのだろうかをCOVID-19で調べてみると、その効果(絶対効果、相対効果)は、統計的有意とは言えないもののやや異なるようです。
なので、ある介入効果に関する推奨を作成する上では、比較対照がプラセボ治療なのか標準治療なのかにも注意する必要があるように思います。

少なくともCOVID治療に関するRCTのメタ解析にあたっては採用されている比較対照にも注意が必要かもしれません。

 

ランダム化試験と非ランダム化試験の統合は・・・

2020年12月4日 Posted by admin

偶然にも、複数のガイドライン作成パネルから、RCTとNRSの統合に関する問い合わせをいただいた。

両者の統合には保守的なスタンスが良いかと思いますが・・・
以下を参照してほしいです。

EBMを超えてー診療ガイドラインの動向や新しい潮流(GRADE)を中心として_相原.pdf