Posts Tagged: ‘質の改善および実行’

GRADEガイドライン作成の流れ: Item #-38: 質の改善および実行

2012年9月10日 Posted by aihara

以下は、ACCP Evidence-Based Guideline Development (CHEST 2007; 132:1015–1024)の、” Quality Improvement and Implementation” 項を参考にしたものである。

=========================================================
診療ガイドラインは、質が確保され、その改善や実施、および責任の範囲と所在が明確に記載されているべきである。たとえば、ACCP では、診療ガイドラインの推奨内容の改善や実施は、適切なパフォーマンス指標(*)にしたがって、実行可能性(feasibility)、有用性(usability)、科学的重要度(scientific importance)、実用性(practicality)、適用性(applicability) を確保しなければならない、としている(GRADE教科書 p127)。

パフォーマンス評価指標は、ACCPメンバーおよびその患者にとって実用的かつ適切なものである必要がある。患者のケアを改善するためのパフォーマンス評価指標のベースとなる推奨事項と、パフォーマンス評価指標のベースとすべきでない推奨事項(多くはエビデンスの質が低い場合が多い)も特定する。これに加え、介入の一部が実行不可能または利用不可能な場合もある。パフォーマンス評価指標は、現在、米国の医療分野における各種セクターにより企画されているペイフォーパフォーマンス指標(価値に基づくパフォーマンス(value-based performance)戦略とも呼ばれる)の中に盛り込んでもよい。ペイフォーパフォーマンス戦略が成功を収め、患者および医療提供者の双方にとって公正なものとなるかどうかは、実行されたパフォーマンス評価指標の質と密接に関係する。
=========================================================

(*)パフォーマンス評価指標の基準:National Quality Forum