Category: ‘QUADAS’

STATAを利用したQUADAS-2評価

2014年5月2日 Posted by aihara

 

診断精度研究を評価する際には、潜在的なバイアス”ばらつき”(適用可能性を決定する)の双方を検討する必要があります。この2つが、QUADAS-2におけるrisk of biasとapplicabilityです。

 

0501-1

 

前回は、RevManを使ったQUADAS-2評価例を紹介しましたが、今回はSTATA(version 13)を使った解析例です。
●quadas command:

#Methodolgical Quality Graph
.quadas patient_selection index_test reference_stds flow_timing,bar col

#Methodolgical Quality Summary

.quadas patient_selection index_test reference_stds flow_timing, id(studid) sum col ysiz(4) xsiz(5)

 

stata-1

●midas command:

stata-2

 

このように、STATAでも、QUADAS評価グラフやサマリーが作成できます。

RevManがあるので、不要だろう! と思う方・・・・ そうではありません。(^^)

今後、診断精度研究のメタアナリシスの解説において、この理由を説明します。

 

 

 

 

 

 

 

QUADAS-2:診断精度研究のrisk of biasと適用可能性

2014年4月22日 Posted by aihara

診断精度研究の質評価ツールの一つとして、QUADAS-2があります。QUADAS-2は、2011年に、QUADASよりアップグレードされました。

QUADAS-2は、バイアスのリスク、ならびに研究疑問への適用可能性に関する懸念の観点から、4つの各主要領域(患者の選択、指標検査、参照基準、推移とタイミング)を評価するよう構造化されています。それぞれの質問に対して“Yes”か“No”、もしくは“Unclear”か回答し、判定結果をRisk of bias and applicability concerns summary, Risk of bias and applicability concerns graphとして提示します。

 

quadas2-1 quadas2-2

 

QUADASからQUADAS-2への変換、あるいは、QUADAS-2を使った4段階、4つのドメインに関する評価について簡単にまとめたものを公開しました。 

 

quadas-2 診断検査へのGRADEシステムの適用

(資料内の、QUADAS-2を使った2つの表に提示するデータは仮想のもので、相原がRevManを使って作成したものです)

 

 

QUADAS-2の詳細: http://www.bris.ac.uk/quadas/quadas-2/

 

 

 

診断検査へのGRADEの適用は困難だが実行可能である

2014年4月18日 Posted by aihara

診断検査へのGRADEの適用に関する論文が、JCEに発表されました。
(DECIDE計画からの発表で、GRADE working groupの診断GRADEに関するJCEシリーズ2編ではないです)

Gopalakrishna G1, et al:Applying Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation (GRADE) to diagnostic tests was challenging but doable

J Clin Epidemiol. 2014 Apr 8. pii: S0895-4356(14)00044-4. doi: 10.1016/j.jclinepi.2014.01.006. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24725643

”診断検査へのGRADEの適用は困難だが実行可能である”

figure1

RoBはQUADAS-2を、QoEはGRADEを使うべしということで、エビデンスの等級ダウン/アップ、推奨の強さの決定もこれまでと同じです。

診断検査へのGRADEシステムの適用

http://www.grade-jpn.com/diagnosticTest_grade.html

 

 

 

 

診断精度研究の質評価のためのQUADAS

2012年10月22日 Posted by aihara

診断精度研究の質を評価するためのツールの1つに、コクランにおいても利用されているQUADASがあります。

GRADEアプローチを使って診断精度研究を評価する際に、QUADASのようなツールを使った risk of bias評価が必要となります。治療介入に関する研究のlimitations (risk of bias) 評価と同じように利用されます。

QUADAS.pdf

http://www.grade-jpn.com/diagnosticTest_grade.html
: ”診断検査へのGRADEシステムの適用”よりDLできます。

quadas