2014年4月22日 Posted by aihara

QUADAS-2:診断精度研究のrisk of biasと適用可能性

診断精度研究の質評価ツールの一つとして、QUADAS-2があります。QUADAS-2は、2011年に、QUADASよりアップグレードされました。

QUADAS-2は、バイアスのリスク、ならびに研究疑問への適用可能性に関する懸念の観点から、4つの各主要領域(患者の選択、指標検査、参照基準、推移とタイミング)を評価するよう構造化されています。それぞれの質問に対して“Yes”か“No”、もしくは“Unclear”か回答し、判定結果をRisk of bias and applicability concerns summary, Risk of bias and applicability concerns graphとして提示します。

 

quadas2-1 quadas2-2

 

QUADASからQUADAS-2への変換、あるいは、QUADAS-2を使った4段階、4つのドメインに関する評価について簡単にまとめたものを公開しました。 

 

quadas-2 診断検査へのGRADEシステムの適用

(資料内の、QUADAS-2を使った2つの表に提示するデータは仮想のもので、相原がRevManを使って作成したものです)

 

 

QUADAS-2の詳細: http://www.bris.ac.uk/quadas/quadas-2/

 

 

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.