Category: ‘Cochrane Handbook’

Cochrane ハンドブック(version 6, 2019)全訳

2020年1月21日 Posted by aihara

Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventionsを昨年11月に購入し、オンライン版を含めて、全パートおよび全26章を読んでみました。

さて、新版(version 6, 2019)では、旧版(5.1~5.2)と変わらないchapterもありますが、特に以下の変更があります。

***********************************************************
●Part1~Part4、online technical supportで構成
●ハンドブック全体でのCochrane’s Methodological Expectations for Cochrane Intervention Reviews:MECIR)。
●Cochrane Reviewの報告(第3章)、および更新(第4章)に関する拡大ガイダンス。
●適格基準の開発と各統合のためのPICO設定に関する新しいガイダンス(第3章)。
●バイアスのリスク評価:RoB 2.0 (RCT), ROBINS-I(非ランダム化試験など)(8章、25章)
●研究特性の要約と統合の準備に関する新しいガイダンス(第3章と第9章)。
●ネットワークメタアナリシスに関する新しいガイダンス(第11章)。
●メタアナリシス以外の方法を使用した結果の統合に関する新しいガイダンス(第12章)。
●結果の欠損(missing result)によるバイアスのリスクの評価に関する更新ガイダンス(第13章)。
●介入の複雑さに対処する新しいガイダンス(第17章)。
*************************************************************

2か月かけて全訳したら・・・ 700pにもなりましたが、残念ながら(日本語版としては)公開はできません。
各章のKey pointsだけでも紹介してもよいかと何度か問い合わせましたが無理でした。
今後、不定期に更新版の内容をブログやMLで紹介していきます。

 

当然ながら、いたるところに、GRADEシステムによる判断が必要となります。
システマティックレビューや診療ガイドラインを作る、使う、伝える、立場の方々には必須のものです。

エビデンス総体の確実性評価や、ガイドラインにおける推奨の強さを作成、理解する基本は、
医学文献ユーザーズガイド3版
診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版
を参照してください。