2020年6月19日 Posted by aihara

Cochrane Evidence Pipeline

Cochrane Evidence Pipeline
さまざまなツールが、標準的な系統的レビュープロセスにおける特定の時点での手作業の削減を目指している。
機械学習と人間の作業(Cochrane Crowdを含む)の組み合わせを使用してレコードを詳細に分類する「パイプライン(pipeline)」を流れる。(Cochrane Handbookより)

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.