2020年6月19日 Posted by aihara

RobotReviewerによるエビデンスの要約とRoB評価

機械学習と人間の作業を組み合わせてさまざまな報告を詳細に分類する「Evidence Pipeline」の途中において、例えば、収集した個々のエビデンスの要約やバイアスのリスク評価する作業があります。

この作業を瞬時に実施してくれるツールの一つが、

(https://robotreviewer.vortext.systems/)です。

単に上記リンクサイトで、目的の論文(複数でも可)をドラッグ・ドロップするだけで、RoB table、研究の要約、個々の研究の特徴が解析表示されます(以下の例)。

■紹介されている例(4文献)からの結果が以下で、WORD出力もできます。

*********
RoB評価は古いバージョンによるもののようですが、便利です。

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.