2020年10月25日 Posted by admin

弘前COVID-19:接待を伴う飲食店クラスターの最近1週間

青森県弘前市で接待を伴う飲食店クラスターにて、有症状者が発生したのが10/1です。
その後の大クラスターにつながり、10/10~11頃に営業休止になったものの、利用客からの二次感染急増(KAK病院における発生も含め)、さらには三次感染が発生している現状です。

では、営業休止から2週間たつ現状では、感染状況はどうでしょうか? 最近1週間が以下です。

この図は、COVID-19感染拡大の初期の感染者id38~83は表示せず、最近の1週間のPCR陽性例を示しています。
注:シャモンクラスター全体はこちら。コロナ感染-弘前_シャモンクラスター.pdf

 

感染者の特徴、および対応方針が以下です。
***********************
●当初のシャモンスタッフからの感染例(利用客)は減少しています。

●利用客と接触・同居している感染例(灰色セルで、左横に接触者である緑の#)が増えています。

●ところが、シャモンが休業した時点(縦の青点線)から約2週間経過しているにもかかわらず利用客からの有症状者が出現しています。

これらの例は、他の利用客からの二次感染の可能性もありますが、各自が行動自粛していたとするとすれば10~14日程度では不十分な可能性があることを示唆しています。あるいは検査偽陰性例の他の利用者と行動を一緒にしていた可能性も否定できません。

●従って、長期にわたり毎日の健康チェック(体温や呼吸器症状、嗅覚・味覚異常などの有無)が必須です。

●いずれにしても、シャモンを利用しながら検査を受けていない方々は、感染拡大防止という視点から、早急にPCR検査を受けてほしいです。このような方々の多くは、おそらく2週間完全待機ということはほぼ通常の生活を送っている可能性がありますが、「自身の行動が感染を拡大している可能性がある」と認識すべきと思います。

●また、現時点では”感染陰性の確認”を”コロナ抗原迅速検査”で実施することは不適切と考えられます。
(特異度の高い抗原検査で陽性ならば、コロナ感染症です)

***************************
弘前市では夜の飲食店の時短や一部自粛となっていますが、適切な感染拡大防止策を講じておられる「接待を伴わない飲食店」は、大変な被害でしょう。

 

Comments are closed.