2020年11月21日 Posted by aihara

オーストラリアのガイドラインの方法論的研究:GRADE使用はまれで、適用方法は一貫していなかった

Guidelines rarely used GRADE and applied methods inconsistently: a methodological study of Australian guidelines
DOI:https://doi.org/10.1016/j.jclinepi.2020.10.017

論文の内容は以下です。
******************************
豪州では国家保健医療研究評議会が診療ガイドライン作成においてGRADEを使用することを提唱している。

●目的:オーストラリアの診療ガイドライン(2011~2018)についてGRADEが適切に利用されているかを調査した。

●方法:GRADEプロセスをGRADE compliance score(7つの基準とサブ項目:全17項目)で評価し、AGREE-IIのドメイン3(Rigour of development Score:Scaled Domain Score [SDS])と比較した。

●結果:51の異なる団体からの240件のガイドラインが見つかり、無効リンクのために取得できなかった106件を除いた134件からデータを抽出した。
134件中15件(11%)のみが、GRADE手法に従ったと報告していた。
15件のガイドラインにおけるGRADE compliance scoreは、4件が80%以上であったが、0%から100%までばらついていた(表A)。

GRADE compliance score(中央値59%)とSDS(中央値71%)には正の相関があった(r=0.86, R2=0.75)
GRADE が低いドメインとしては、アウトカムに関する患者にとっての重要性ランキングの不明瞭さ、エビデンスの確実性評価の方法論的情報の欠如などであった。

●結論:
オーストラリアのガイドラインではGRADEの使用が増加しているが、さらなる取り込みと適用のための戦略が必要である。

*************
注1.GRADE_compliance_score.pdf

注2.この研究はCOVID-19パンデミックの前に開始されたため、その後典型的なガイドライン作成プロセスに大幅な変更が加えられました。例、MAGICapp living guidelines

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.