2015年5月18日 Posted by aihara

NMAエビデンスの質を評価する-2: STATAを使った効果推定値

NMA論文におけるCQは以下のようなものである。
Foote CJ, et al:Which Surgical Treatment for Open Tibial Shaft Fractures Results in the Fewest Reoperations? A Network Meta-analysis.
Clin Orthop Relat Res. 2015 Feb 28

P:成人の脛骨開放骨折患者において、
I:整形外科的治療(Reamed nail, Unreamed nail, plate fixation, AO external fixation, Ender nail, Ilizarov fixation)は、
O:再手術に違いがあるか。

GRADE2版で解説しているSTATAを使って、ネットワークメタアナリシスを実施してみる。

ネットワークプロット

network

STATAを使ったNMAであり、ネットワークの形状としては、「複合ネットワーク」である。各介入ノードの大きさは、サンプルサイズの大きさに比例している。直接比較としての各ノードを結合している線のカラーは、risk of biasを示している(赤:high、緑色:low risk of bias)。

ネットワーク全体における直接比較の占める寄与度は、AvB(19.5%)、AvD(9.1%), BvC(24.4%), BvE(3.4%), CvD(12.4%)であり、全体としてはやや”限界”が多いことがわかる。

contribution

contribution plotとrisk of bias(RoB)を使って、NMAエビデンスの”限界”をGRADEにより評価すると(Salanti)、=19.5*(0) + 9.1*(0) + 24.4*(-2) + 3.4*(-2) + 12.4*(-2)=-0.8であり、研究の限界により、一段階グレードダウンとなる。しかし、NMA推定値に関するGRADEエビデンスの質に関しては、さらに、一貫性、直接性(推移性)、精確さ、出版バイアスなどを評価する必要がある。・・・Salanti手法による解析はGRADE2版を参照のこと。
A:Reamed, B: Unreamed, C:External(AO) fixation, D:Plate, E:Ender, F:Ilizov fixation

NMA推定値

forest

Unreamed vs Reamedの推定値は、OR 0.63 (0.34-1.17)であり、論文データ(OR=0.62, 0.37-1.03)と近似している。また、論文の表4で記載されている、Unreamed vs externalも、OR 0.42 (0.23-0.77)であり、論文データ(OR 0.38, 0.23-0.62)と近似している。なお、本フォレストプロットにおいては、95%信頼区間とともに、95%予測区間(赤の横線)も示している。

SUCRA(surface under the cumulative ranking curve)

sucra-0523-2 sucra-0523

原論文においては、Ender nailingとIlizov fixationに関しては、エビデンスの質が”very low”のため、それらを除外したSUCRAとランキングが記載されている。本解析においては、あえて統計学的なランキングが誤解を招く結果になりうることを提示するために、全ての介入に関するランキングを示した。

”非常に低”のエビデンスをランキング解析から除外することが、ランキングによる誤解を回避するひとつの手法といえることが、外科医向けのユーザーズガイドにも記載されている。

このように、STATA(version 13)を使って、論文データとほぼ同じ効果推定値を得ることができるが、STATAは高額である。
次回は、同じデータ利用して、Rを使ったネットワークメタアナリシスを紹介したい。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.

  • カレンダー

    2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ