2015年5月21日 Posted by aihara

NMAのエビデンス:連続アウトカム

NMAについて、連続アウトカムに関しては、けっこう面倒のようだ。

1年前に Doug Altmanに質問した際には、「(連続アウトカムのNMA推定値/調整間接推定値に関しては)いまだ手法が確立していないように思う」ということだった。

また Salanti/Chaimaniらに問い合わせた際も、「STATAによる連続アウトカムのNMAルーチンを作成すべく検討しており、完成したら連絡する」ということだったが、2015年5月の現在も発表されていない。

ここ数週間、連続アウトカムのNMAを調べていたが、・・・ やっと自分でも、「R」を使って、解析できた。

いつも思うことであるが、
「NMAの効果推定値の確信性は”低い”(GRADE QoE= low or very low)」と思うなあ。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.

  • カレンダー

    2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ