2019年7月27日 Posted by admin

GATEフレームを使ったがん薬物療法の批判的吟味


がん薬物療法に関してGATEフレームを使って批判的吟味をして解説しています。
乳がん診療ガイドライン(CPG)1018、肺がんCPG2017、胃がんCPG2018、大腸がんCPG-2016の4つが参考とされています。これらのCPG中で、採用されている主なランダム化比較試験について、GATE(Intervention and risk studies)を適用させ、なおかつ治療介入の副作用を著者らが(独自に)グラフィックに追加提示しています。

GATE(SR)ではないので、(また、GRADEでもないので)したがって、エビデンス総体に関する確実性はないです。

 

 

 

 

Comments are closed.