2020年3月26日 Posted by aihara

EBMを超えて-診療ガイドラインの動向や新しい潮流(GRADE)を中心として

 

臨床婦人科産科 74(2), 2020から依頼されたものが発表になりました。

今月の臨床 はじめての情報検索 知りたいことの探し方・最新データの活かし方

EBMを超えて-診療ガイドラインの動向や新しい潮流(GRADE)を中心として

以下のような内容ですが、フリーでは公開できません。
***********************************************************
●GRADEアプローチ
●推奨のためのエビデンス検索
●GRADE ADOLOPMENT
●ランダム化試験と非ランダム化試験の統合
●リビングシステマティックレビュー(living systematic review)
●リビングガイドライン(living guideline)
***********************************************************

*別冊が50部程度あるので、希望者(郵送先を含めて)は連絡ください。
ezy01757@nifty.ne.jp

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.