Posts Tagged: ‘IOM’

IOMの2つの基準:信頼できる診療ガイドラインとシステマティックレビュー

2013年8月19日 Posted by aihara

2011年3月にIOM (INSTITUTE OF MEDICINE)は、「診療ガイドラインはエビデンスのシステマティック・レビューと複数の治療選択肢の利益と害の評価に基づいて患者ケアを最適化するための推奨を含む文書である」という新たな定義を発表し、信頼できるガイドラインを作成するための8基準、comparative effectiveness researchに関する客観的で透明性が高く科学的に妥当なシステマティック・レビューを作成するための21基準を作成し公開しました。

これらの基準については、National Academies Press, Washington, D.C.の厚意のもとNational Academy of Sciences, INSTITUTE OF MEDICINE of the National Academiesの許諾を得て下記サイトで2013年5月に翻訳公開しましたが、このたび臨床評価に掲載されました。

IOMの2つの新基準:『信頼できる診療ガイドライン』と『医療における解決策の模索:システマティック・レビューのための基準』 臨床評価 2013; 41(1): 253-258

信頼できる診療ガイドライン (臨床評価 2013; 41(1): 259-260)
医療における解決策の模索:システマティック・レビューのための基準 (臨床評価 2013; 41(1): 261-264)

IOMのフルレポートには、利益相反の重要性に加え、総体エビデンスの質をGRADEにより評価する必要性が記載されていますので、診療ガイドラインを作る・伝える・使う立場の方々にはIOMの基準とともに、GRADEアプローチを適切に理解する必要があると思います。

IOM: Systematic Reviews and Clinical Practice Guidelines Development Process:

sr-cpg

IOM: Clinical Practice Guidelines We Can Trust(信頼できる診療ガイドライン)

2013年2月23日 Posted by aihara

診療ガイドラインとはなにか、その定義はなにか?・・・・ の疑問には、ガイドライン関係者ならば皆ご存知の、いわずと知れた(?)、Institute of Medicine(IOM)の定義があります。

iom

IOM Comittee’s definition of CPG:
Clinical Practice Guidelines are statements that include recommendations intended to optimize patient care that are informed by a systematic review of evidence and an assessment of the benefits and
harms of alternative care options.

日本語訳:
”診療ガイドラインはエビデンスのシステマティックレビューと複数の治療選択肢の利益と害の評価に基づいて患者ケアを最適化するための推奨を含む文書である。”

先月末から National Academy of Science と IOMの2者と日本語翻訳公開についてやりとりを繰り返してきましたが、本日 公開許可を得ましたで紹介します。

「Clinical Practice Guidelines We Can Trust.pdf(Report Brief: released:March 23, 2011)」
 Clinical Practice Guidelines We Can Trust
 信頼できる診療ガイドライン(pdf)

診療ガイドライン作成者は、GRADE採用・非採用にかかわらず、IOMの8つの基準を順守する必要があり、ぜひ本資料を活用ください。

例; 基準2
一部の教授が反対しているCOIについても、積極的に開示する必要があり、資金提供者はCPG作成に一切関与すべきではありません。