Posts Tagged: ‘Oxford CEBM 2011 Levels of Evidence’

Oxford CEBM 2011 Levels of Evidence

2012年10月9日 Posted by aihara

Oxford CEBM Levels of Evidenceは、2011年改訂版が公開されています。
前バージョンに比べて単純に(脚注が少なく)なり、システマティックレビューが入手できない場合でも利用できると紹介していますが、GRADEと同じようなレベルのアップダウン評価があります。

“level may be graded down on the basis of study quality, imprecision, indirectness, inconsistency, very small absolute effect size; level may be graded up if there is a large or very large effect size”.

■Oxford CEBM 2011 Levels of Evidence
cebm_qoe


 

■Oxford CEBM 2011 Grade of Recommendation
cebm_rec


注意: CEBMは、この表だけを利用することはせず、Introductory Document
Background DocumentMをよく読むようにと警告しています。


しかし、このCEBM 2011 levels of Evidenceを使ったエビデンス評価はとても煩雑であり、アウトカム中心というよりは研究デザイン主体による推奨決定は、Cochrane collaborationや EBM working group, GRADE working groupの方向性とは異なるものと思います。