2007年5月14日 Posted by aihara

GATEフレーム -(2)

gate

■step-[III] GATE frameの次のステップです。
▽→○ → ”□”  ですが、これは添付図のように2×2の4分表で、従来のPECOのアウトカムです。

ちなみに、本例では、虚血性心血管イベントによる死亡リスクは介入群 71/1380、対照群 58/1383 であり、相対危険(RR)=1.23(95%信頼区間=0.87~1.72)です。

ただし、 研究のタイプによって、(例えば横断研究 vs 縦断研究)、ある期間経過後の1時点での評価(例、prevalence; 1年後の脂質レベル)、あるいは、研究期間中のイベント発生頻度(添付図例のように 平均研究期間=4.1年の虚血性心疾患のIncidence)という 時間軸が ”time factor”が 追加されています(図IV)。

これが、PECOではなく、PECOTという意味です。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.