2020年5月12日 Posted by aihara

入院治療を要するコロナ感染症においては抗凝固療法を強く推奨する:GRADE 1C/B

コロナ感染症に対する抗凝固療法に関して、午前紹介した論文(NYでの2773人の観察研究)において提示されているKM曲線から、全体的な効果としてのHRを計算しました。

方法:
Tierney JF, et al. Practical methods for incorporating summary time-to-event data into meta-analysis. Trials. 2007 Jun 7;8:16.

結果:
論文のKM曲線から、抗凝固療法(AC)群と非AC群の比較(機械的人工呼吸の有無とは関係なく全体として)における死亡に関するHRを算出すると、HR=0.69 (0.43-1.1)です。
(単純な50%生存からの計算では HR=0.67

つまり、AC治療の相対効果は RR=0.81 (0.59-1.05)で、例えば、21日後の効果(およそ対照群生存率=28%)を比較すると、AC治療の絶対効果としては、死亡リスクが135人少/1000 (33多~298少/1000)です。

GRADEシステムに従うと(*)、このエビデンスの確実性(CoE)は「低」かもしれませんが、推奨の強さ(SoR)は「強」でしょうね(GRADE 1C)。

(特に人工呼吸を必要とする患者に対しては、効果の大きさやimprecision(-)から、CoE=「中」かもしれません:GRADE 1B)。

***********************************
従って、


入院治療を要するコロナ感染症においては、抗凝固療法を強く推奨する”
(GRADE 1C/or 1B)

*GRADEシステムとは・・・・・

エビデンス総体の確実性評価や、推奨の強さを作成する基本は、医学文献ユーザーズガイド3版診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版を参照してください。

15年前のGRADEシステムの解説が以下です・・・・
 
http://www.grade-jpn.com/grade/guideline/grade-guideline_2008-nov.html

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.