2020年5月13日 Posted by aihara

医療従事者のCOVID-19

https://www.jwatch.org/na51411/2020/04/27/covid-19-healthcare-personnel?query=etoc_jwgenmed&jwd=000020037551&jspc=IM

3つのグループが医療従事者へのSARS-CoV-2感染を詳しく報じていますが、いずれも観察研究で、それぞれさまざまな限界があります。

■Heinzerling A et al. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020 Apr 17
2020年2月にカリフォルニア州で発生した市中孤発患者からの医療従事者への曝露について報告した。
COVID-19は最初から疑っていなかった患者に、通常の標準予防策でエアロゾルが沢山発生するような処置を行ったところ、121人の医療従事者が曝露して、43人(36%)が14日以内にCOVID-19関連症状を発症した。SARS-CoV-2の検査を受けたうち3人は陽性。
COVID-19のリスク因子には、身体診察とネブライザ治療中の長時間曝露が含まれることが明らかになった。

■Burrer SL et al. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020 Apr 17
2020年4月9日までにアメリカで報告された医療従事者のCOVID-19例9282人についてまとめた。
年齢の中央値は42歳、73%が女性。
医療現場での曝露が55%、他は自宅やコミュニティであった。38%は少なくとも一つ以上の基礎疾患があった。
症状で多かったのは、発熱、咳、息切れで、8%は無症状であった。90%が入院せず、死亡27人を含む重症アウトカムのほとんどは65歳以上であった。
(従来報告の入院率20-30%よりも低いのは、年齢が若いこと、検査による重症度が低い感染者検出によるものかもしれない)

■Chow EJ et al. JAMA 2020 Apr 17
医療従事者において現在行われているCOVID-19スクリーニングの有効性を調査した。2020年2月に米国で初めてCOVID-19アウトブレークが発生した長期療養施設の感染医療従事者50人のうち、48人についてインタビューを実施した。年齢の中央値は43歳、77%が女性で、77%が直接的な患者のケアを担当していた。48%が慢性疾患を持っていた。
症状は咳が50%、発熱が42%、筋肉痛が35%であった。咳、発熱、息切れ、咽頭痛だけのスクリーニングでは17%が見逃される。
筋肉痛と悪寒をスクリーニング項目に加えると、スクリーニングにおける検出率は90%に上昇する(これでも10%の見逃し)()。
インタビューを受けた医療従事者の中で65%は症状があっても中央値2日間(範囲:1-10日)は勤務を続けたと答えた。

COVID-19を発症した医療従事者の症状スクリーニングの組み合わせ(N = 48)

*******************
コロナ感染の事前確率を高めるスクリーニングは、発熱、咳、息切れ、咽頭痛、筋肉痛、悪寒
注:ここで発熱とは・・・38度以上、または主観的発熱。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.