2020年5月18日 Posted by aihara

BCG接種にはコロナ感染の予防効果は認められない・・・ is this trustworthy?

BCG接種にはコロナ感染の予防効果は認められなかった??
SARS-CoV-2 Rates in BCG-Vaccinated and Unvaccinated Young Adults

●イスラエルの研究グループによる主張と背景:
イスラエルでは1955年から1982年に生まれた全新生児にBCGワクチンがルーチンに接種されて来た。1982年以降は結核の有病率が高い移民のみ投与されている。
この事により異なるワクチン接種群において、Covid-19感染率と重篤例の比率の比較が可能となった。
コロナ感染症におけるPCR検査において、BCG接種の中止3年前(1979年~1983年)と3年後(1983~1985年)の個人(35歳~41歳)を比較した。

■患者:
COVID-19に合致する患者(咳、呼吸困難、発熱)において、鼻咽頭のスワブによるSARS-CoV-2の検査(RT-PCR)を行った。
期間は2020年3月1日から4月5日で、患者一人あたり1回だけの検査で、結果を上記2期間群の出生年で層別化。
10万人中の陽性率を1979年~1981年 (39-41歳) と 1983 年~1985年(35-37歳)で比較した(χ2乗検定)。

■結果:
72060人の検査結果がレビューされた。

●PCR検査が実施された患者:
BCG接種群=3064人(コホート全体の1%、平均年齢40歳、弾性49%)
非接種群=2869人(コホート全体の1%、平均年齢35歳、男性51%) 

試験陽性率に有意差はなく;ワクチン接種群は361人[11.7%]、ワクチン非摂取群299人[10.4%]で有意差なし( P = 0.09)。
10万人中の試験陽性率でも (121人対100人;P =0.15)であった。

■結論:
小児期のBCGワクチは成人におけるCovid-19に対する保護効果を支持しない

****************
「新型コロナに対してBCGワクチン“予防効果なし” 」という話題がネットでは多く拡散されています。
しかし、この研究エビデンスには非常に深刻な問題があります。


1.そもそも、この研究は、多くの限界がある観察研究にすぎません。→”バイアスのリスク(RoB)”

2.著者らは「コロナ感染という定義をPCR陽性(1回検査のみ)」としており、偽陽性や偽陰性が全く考慮されていません。また、感染症という概念において、PCR陽性は単なる「代理アウトカム」です。→”バイアスのリスク”

3.研究における対象集団は、コホートの1%と非常に少ないものです。例えば、この年齢における発症率10%として、得られる効果をOR=0.75としてサンプルサイズを(PCR感度70%で)計算すると、必要なサンプルサイズは各群3000人です。→”不精確さ”

4.著者らは「BCG接種国からの移民の割合は4%台で少数割合」と述べていますが、コホート1%を使ったデータ解析においては、例えば、ベストケースシナリオ(比較対照群においてBCG接種国からの移民が同じ割合で混入していた)で比較するとBCG接種有効となります。→”RoB/不精確さ”

5.イスラエルのBCGワクチン株が、はたして日本のそれと同等なのか:→”非直接性” よくわからない

6.我々が知りたいのは、「(BCGがコロナワクチンではない以上)SARS-CoV-2感染の場合に重症化予防効果があるのか」であり、”PCR陽性となるかどうか”ではないです。→”アウトカムの非直接性”

7.さらには、35~41歳という限定した集団ではなく、さまざまな年齢層(特に高齢者)における”臨床的な有効性”を知りたいはずです。

以上から、この研究報告は、観察研究によるランダム化欠如、残留交絡/修飾因子の存在可能性(RoB)、さらには関心のある介入やアウトカムに関する非直接性(indirectness)、不十分なサンプルサイズによる不精確さ(imprecision)から、このエビデンスの質は「very low」(GRADE)と判定します。

つまり、GRADEエビデンスの確実性:「D」=
”信頼できない:効果推定値に対し、ほとんど確信がもてない。真の効果は、効果推定値とは大きく異なるものと考えられる。”・・・ ランダム化試験の結果を待つべし。

 

エビデンス総体の確実性評価や、推奨の強さを作成する基本は、医学文献ユーザーズガイド3版診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版を参照してください。

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.