2020年6月4日 Posted by aihara

系統的レビューや診療ガイドラインの作成において何が一番使われているのか

Are systematic review and guideline development tools useful? A Guidelines International Network survey of user preferences
https://twitter.com/gin_member/…/1268112495413202944/photo/1

**************
系統的レビューや診療ガイドラインの作成を支援するツールが140以上もある現状で、どのツールがよく使われているのか使用しているのだろうかということを、Guidelines International Network(GIN)がアンケート調査した結果です。

全体の回答率は34%。GRADEpro GDTが最も人気のあるツール(回答者の26%)で、Dropbox(16%)とRevMan(14%)がそれに続いた。

ほとんどの回答者(85%)が特定ツールを使用した理由は、「より効率的であるため」であった。ほとんどのユーザーは、このツールを再度使用すると述べ(95%)、95%が他の組織にこのツールを推奨するだろうと述べている。
******************

国内の多くのガイドライン作成者は、GRADEpro GDTの機能を十分に活用できていないように思います。
例、ガイドライン作成プロセスのスケジュール管理、アウトカムの重要性の優先付け、~~~

●”GRADEpro GDTの利用法”・・・・ 「診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」 p297-307 追加資料(6)を。
http://www.grade-jpn.com/grade3e_cover.html

●GDTの使い方:臨床疑問の優先順位づけ
http://aihara.la.coocan.jp/?p=3636

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.