2020年6月24日 Posted by aihara

う蝕治療ガイドライン 第3版 根面う蝕の診療ガイドライン(2020年公開)

GRADE methodologistとして協力した歯科ガイドラインが出版されていました。
う蝕治療ガイドライン 第3版 根面う蝕の診療ガイドライン(日本歯科保存学会編 2020年公開)

 
CQ:永久歯の活動性根面う蝕の回復に、フッ化物配合歯磨剤とフッ化物配合洗口剤を併用すべきか

GRADE 2C

GRADEproGDTを使ったEtDテーブルの一部(判断の要約)が以下です。



 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.