2020年7月11日 Posted by aihara

危機的状況におけるエビデンスに基づく医療

Evidence-based medicine in times of crisis
GRADE/EBM working groupの、Benjamin DjulbegovicとGordon GuyattがCOVID-19に対するEBM、GRADE適用の重要性について発表しています。
(Journal of Clinical Epidemiology (2020), doi: https://doi.org/10.1016/j.jclinepi.2020.07.002.)

****************************************
一般に、有効性に関する質の高いエビデンスに基づいて介入を実行すると正味の利益が得られるが、非常に低い質の介入を採用すると正味の害のリスクが高くなる。したがって、一般に、非常に質の低いエビデンスしか存在しない場合は介入を実施しないことを指示する。

EBMとGRADEの原則を適用しないと、2つの誤りが発生する。(1)エビデンスの確実性に関する誤った推論、(2)不確実な望ましい帰結と望ましくない帰結のバランスをとる際の価値観と意向の不適切な適用である。何百万人もの人々に影響を与える健康危機の状況においては、EBMとGRADEを適切に適用することはかつてないほど重要である。
****************************************

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.