2015年1月27日 Posted by aihara

今日の臨床サポート vs UpToDate

今日の臨床サポート』は、当初、日本語版のUp To Dateとの概念で作成を開始したのですが、わが国の皆保険体制を考慮して、診療現場で生ずる疑問に対して迅速に活用できる点が最大の特徴となっています.

1357名の専門医よる経験と根拠に基づく豊富な診療情報を収載。

https://clinicalsup.jp/

執筆担当者は、本当に、日本版UpToDateと思っているのだろうか?
1357名の執筆の先生がたは、UpToDateにおけるエビデンスの質と推奨のレベルがGRADEシステムに基づいていることを知っているのだろうか?

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.