2012年3月14日 Posted by aihara

GRADE ハンドブック(version 3.2) _online(翻訳版)

GRADEハンドブック(日本語版)をweb上で利用できるようにしました。GRADEについて、日本語のよる用語検索が活用できると思います。本ハンドブックの基本内容は、バージョン 3.2ですが、3.5.1更新にともなうminor changeに対応したものになっています。

 GRADEハンドブック online

handbok


GRADEハンドブックは、GRADEprofiler(GRADEpro)のヘルプファイルに相当するものです。GRADEproは、GRADEアプローチを適用してエビデンスの質と推奨の強さをグレーディングするためのツールで、コクランRevManサイト(http://ims.cochrane.org/revman/other-resources/gradepro/download)からフリーでDL可能です(2012年3月現在は、version 3.6)。

なお、書籍「診療ガイドラインのためのGRADEシステム」は、GRADEハンドブック、さらにBMJ論文シリーズ、JCE論文シリーズ、WHO資料、PRISMAなどを参考にして作成した内容です。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.