2015年6月27日 Posted by aihara

GRADEアプローチを適切に使った診療ガイドライン

GRADE working groupのwebサイトで掲載されている、GRADEアプローチを適切に使った診療ガイドラインのリストに、日本からは、2件の歯科診療ガイドラインが紹介されました。

http://www.gradeworkinggroup.org/guidelines/index.htm

すばらしいですね。GRADErの一人としては、とても嬉しいです。

 

grade_cpg

 

なお、「GRADEを利用した国内の診療ガイドライン」においても、適切なものとして評価紹介しています

今後、国内からGRADEガイドラインとしてGRADE working groupに掲載希望の連絡があっても、その手法が不適切ならば、(以前から申し上げているように)私から”GRADEを使ったとする最低の基準を満たしていない診療ガイドラインに該当します”と連絡するつもりですのでご注意していただきたい。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.