2015年8月5日 Posted by aihara

Evidence profile と Evidence to Decision (EtD) table

GRADEアプローチにおいてよく使われるものに、Evidence profile (EP)とEvidence to Decision (EtD) tableがあり、いずれもGRADEpro GDTを使って作成することができます。

 

Evidence profileは、設定した臨床疑問における各アウトカムについてのエビデンスの質を、SoFとともに表示します。
Evidence to Decision(EtD) tableは、エビデンスから推奨を導くために利用されるもので、推奨の強さを決める4要因の他に、医療介入の公平性、容認性/許容可能性、実行可能性、重要性、実用性、適用可能性などを含めた基準からなっています。

図は、システマティックレビューと診療ガイドライン作成プロセスにおける、EPと、EtDを示したものです。
診療ガイドラインのためのGRADEシステム2版より)

EP vs EtD

図の上半分は,システマティック・レビューの作成プロセスの手順を示し,下半分は診療ガイドラインにおける推奨の作成に関わる手順を示す。
診療ガイドラインの作成者は,システマティック・レビューから得られた全ての情報をレビューし,必要であれば再評価を行い,重大なアウトカム全般にわたる“ 全体的なエビデンスの質” を等級付けする。その後,ガイドライン作成者は,全体的なエビデンスの質,望ましい効果と望ましくない効果のバランス,価値観・好みを考慮して,推奨(1 つまたは複数)を定式化し,推奨の強さ(強い,弱い/ 条件付き)と推奨の方向(推奨する,推奨しない)をグレーディングする。さらに,必要ならば,作成した推奨がコスト・必要資源量を考慮して推奨の方向や強さを変更すべきかを決定する。最終的な推奨の作成には,エビデンスから決断を導くための枠組み(Evidence to Decision テーブル)を利用する。

EtD tableには、さまざまなフォーマットがありますが、共通の基本的項目があり、それらに関しては、診療ガイドラインのためのGRADEシステム2版を参考にしてください。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.