2015年8月17日 Posted by aihara

kindle版を出版して・・・

今回、kindle版の作成で経験した問題を紹介すると以下のようなものです。

——————————————————

  • 文字拡大の方法として、拡大縮小に応じて文字のレイアウトが変化する”リフロー型”を選択した。
  • 書籍版を電子書籍化するという流れだったので、最初は書籍内容をHTML化して取り出す作業であった。
    しかし、画像の取り込みが円滑ではなく、一部の画像は、表組みの新規作成に加えて、サイズを変えて、HTML内に張り付ける必要があった。
  • テキスト内リンク、本文と脚注や文献との相互リンクは、全て手作業で作成する必要がある。
  • 電子書籍作成の専用業者の見積もりとしては、作業期間やコストは、100p、1000リンクで、約16万円である。
    (今回の GRADE_kindle版では、およそ400p、3000リンクです)
  • Kindle版のロイヤリティは35%で(70%のロイヤリティの場合には配信のための費用を負担する必要あり)、事前に電子書籍の価格とのバランスを考える必要がある。

———————————————————-
なお、実務のほとんどは、GRADE書籍を担当した出版社(弘前、凸版メディア株式会社)の担当者にお願いしました。
5月中旬からの作業なので、2か月程度ということになります。

Kindle無料アプリのDLは以下を。

kindle-0808

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.