2013年5月27日 Posted by aihara

IOM: Standards for Systematic Reviews(システマティック・レビューのための基準)

IOMは、診療ガイドラインとシステマティックレビューに関する2つの基準を提唱しています(2011年3月)。信頼できる診療ガイドラインについては、2月に紹介ずみです。
http://aihara.la.coocan.jp/archives/2013/02/23/

今回、システマティックレビューのための基準翻訳版を公開しました。

信頼できる診療ガイドライン
医療における解決策の模索:システマティック・レビューのための基準

sr

『Finding What Works in Health Care: Standards for Systematic Reviews』では、内科的もしくは外科的介入の効果比較研究(comparative effectiveness research :CER)のシステマティック・レビューのための21の基準を推奨している。

****************************************************
注: 効果比較研究(comparative effectiveness research:CER)
“CERとは、疾病の状態を予防、診断、治療、監視する、あるいは医療の提供を改善する種々の方法の利益と害を比較するエビデンスを生成し統合することである。CERの目的は、消費者、臨床医、購入者、および政策立案者への情報提供による意思決定を支援し、それにより個人と集団の医療をいずれも改善することである”(IOM)

IOMの2つの基準を翻訳したものは、臨床評価誌6月号に掲載される予定です。
(雑誌出版後は、2つのpdfリンクを差し替える予定ですが、内容は同じです)。

診療ガイドラインを作成する際の基盤とするシステマティックレビューとはどのようなものかを理解してほしいと思います。
多くの国内ガイドラインにおいてみられるような、たとえばMinds2007基準もしくはその改変基準を使って個別研究論文についてエビデンスレベルを評価するのは誤った手法です。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.