2015年10月17日 Posted by aihara

JRC蘇生ガイドライン2015: これがGRADEガイドライン

日本蘇生協議会のJRC蘇生ガイドライン2015が公開されました。

治療介入診断介入について、GRADEシステムの基本が使われています。GRADEガイドラインを作成しようとする方々は、ぜひ参考にしてほしいと思います。

sosei

それにしても、一気に診断GRADE、Evidence to Decision table利用ですからすごいですね。
Mindsシステムを使っている方々は相当な遅れをとったことになりますし、これからも大変つらく複雑なCPG作りとなることでしょう。

今後、さらに予後GRADE質的研究GRADE-CERQual が登場してきます。(^^)

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.