2015年11月10日 Posted by aihara

システマティックレビューにおけるbody of evidenceの質:EPC update 2015

AHRQ/EPCの、システマティックレビューにおけるbody of evidenceの質(Strength of evidence)の評価法は、GRADEを改変したものです。

Grading the strength of a body of evidence when assessing health care interventions: an EPC update
Berkman ND, et al. J Clin Epidemiol. 2015 Nov;68(11):1312-24. doi: 10.1016/j.jclinepi.2014.11.023.

●エビデンスの強さ(SOE)

soe

●GRADEとの違い

AHRQ/EPCの改変GRADEによる評価については、(GRADEと違って)以下の注意が必要です。

●エビデンスの強さは、high、moderate、low、insufficientの4段階。

●”low”と”insufficient”の違い:”Low”はレビュアは結論を引き出すことができるが、”insufficient”はレビュアはいかなる結論も引き出すことができない。

●エビデンスンの強さは、個々のアウトカムに関してのみ評価し、アウトカム全般にわたる全体的なエビデンスの質は評価しない(なぜならば、診療ガイドラインの推奨作成を目的とした、介入の利益と害のバランスを判定することはなく、各アウトカムに関するSOEを提示することで、その後判断はユーザーにまかせる)。

●EPCエビデンステーブル例

evidence table

●注:GRADE working groupは、”Strength of evidence”という用語を、(1)”strength of recommendations”と混同しやすい、(2)効果の大きさと混同しやすい、などの理由から、できるだけ使用しないという方針です。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.