2015年12月28日 Posted by aihara

GDT updates: 治療に関するinteractive SoFテーブル

GDTは定期的に更新されています。
2015年12月の更新内容は、”治療”に関する疑問のinteractive SoF(iSoF)テーブルです。

iSoFテーブルには、最も重要なアウトカム、効果の大きさ、エビデンスの確信性が示されます。

例:Should pulmonary rehabilitation vs. usual community care be used for COPD with recent exacerbation(Proc Am Thorac Soc 2012; 9:282–292より)

evidence table_iSoF

●iSoF table
iSoF

提示されるエビデンスは、患者にとってはわかりやすい様式です。
なお、GDTを使ったEvidence tableは、現時点は6種類となっています。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.