2016年4月11日 Posted by aihara

日本語版GRADEpro GDTの公開

GRADEガイドライン作成のためのツール”GRADEpro GDTの日本語版”が公開されました。

http://gradepro.org/にログイン後(ブラウザとしてGoogle chromeまたはFirefoxが推奨)に、ツールバーのsetting>language>日本語(Japanese)で利用可能です。

現時点でGDT作成者らの和訳対象資料はすべて翻訳ずみですが、実際にGDTを立ち上げると日本語変換ができていないものがあるようです。

GDT-jp

GDTの利用法は、以下の資料を参考にしてください。

GDTの使い方-臨床疑問の優先順位づけ_0129.pdf
診療ガイドラインのためのGRADEシステム第2版(2015)

 

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.