2016年5月6日 Posted by aihara

Trial Sequential Analysis(逐次解析):ARDS-2016ガイドライン

フルデータが公開されているARDS-2016診療ガイドラインを利用して、TSAを実施してみました。

例1.CQ2:成人ARDS患者の初期の呼吸管理として非侵襲的陽圧換気(NPPV)を行うべきか
アウトカム:死亡

結果: True positive(no imprecision)

ARDS-cq2

 

例2.CQ3:成人ARDS患者において人工呼吸を実施する際,一回換気量を低く設定するべきか
アウトカム:死亡

結果: False negative(imprecision*)

ARDS-cq3

*: GRADEを使ったエビデンスの確実性(SR)の評価において、ARDSガイドラインパネルは、不精確さの根拠として”信頼区間が広い”と判断していますが、
meta-analysis including less patients than the required information sizeということなのでしょう。

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.