2016年7月1日 Posted by aihara

BMJのEtD frameworkシリーズ

BMJのEtD frameworkシリーズ 第一弾の発表です。

GRADE Evidence to Decision (EtD) frameworks: a systematic and transparent approach to making well informed healthcare choices. 1: Introduction.
http://www.bmj.com/content/353/bmj.i2016

今後、以下の第2弾がつづく予定です。
GRADE Evidence to Decision frameworks:2. Clinical practice guidelines.

*****************************************
さて、GRADEに関する指導的な立場にいる方々は、常に最新のGRADE関連論文に目を通すことをお勧めします。

一方、GRADEの最先端についていくことも必要ですが、システマティックレビューやHTA、診療ガイドライン作成におけるGRADEの基本をしっかり理解しておくこ
とも重要です。

つまり、GDTを使ってEtDテーブルの作成ができるかどうかということではなく、それ以前の基本(BMJしりーず、JCEシリーズ)が大切という意味です。

最近の国内のGRADE診療ガイドラインをみても、GRADEシステムが適切に利用されているとは思えないです。

一部の先生がたにはすでに解説していますが、各CPG担当者は、GRADEの基本がどのようなものかを改めて見直しほしいです。

 

 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.