2017年5月24日 Posted by aihara

日本人のデータによるエビデンスは1ランク加点の診療ガイドライン

GRADEを利用した診療ガイドラインですが、”エビデンスの質を、日本人のデータによるものは合議により1ランク加点を行うことも可能にした”という、トンデモ改変の診療ガイドラインの一つです。

一般社団法人日本透析医学会の診療ガイドライン

維持血液透析ガイドライン:血液透析導入

透析患者のC 型ウイルス肝炎治療ガイドライン

国際的にみて、こんないいかげんな手法をとっているのは、日本だけです。

もっとも、どうして、そのような加点をするかのかといえば・・・・ ガイドラインにおける当該推奨の根拠であるエビデンスの質を、恣意的に等級アップするためです。これ以外の理由はないです。

ガイドライン作成委員のどなたの発案なのだろうか・・・  純粋に知りたいデス

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.