2014年9月9日 Posted by aihara

GRADEを誤解した「維持血液透析ガイドライン」

維持血液透析ガイドライン:血液透析導入 (日本透析医学会)

http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/hem/CPGs2013_Hemodialysis.pdf

GRADEを使ったガイドラインですが、GRADEの基本を誤解しているガイドラインです。

最初に学会が作成したエビデンスレベル評価とガイドライン推奨度について(透析会誌 2010, 43: 347-9)の記載内容が誤解を招きやすいものだったと思います。

また、
”エビデンスのアップグレード:場合によっては,日本人のデータであることをアップグレードの条件としても良い”

COIをみると・・・ みなさん すごいな

3年近くもかけてこの内容なの・・ と思いますが、フリーで公開していることはとても良い。

いずれ時間ができたらば、 「GRADEを利用した国内の診療ガイドライン」にて評価を紹介します。

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.