2020年4月13日 Posted by aihara

新型コロナウイルス感染症の現在の状況- (4月13日)

SARS-CoV-2によるCOVID-19に関する厚労省の「新型コロナウイルス感染症の現在の状況」のこれまでのデータをみると、以下のようになります(厚労省データの手入力計算です)。

4月13日時点、国内感染者7255人、感染患者4552人、無症状キャリア531人、死亡者102人です。
つまり、前日報告から、531人増加です。

赤の縦線は、緊急事態宣言発令日(2020/4/7)ですが、相変わらずの増加です。



 

SARS-CoV-2感染者数について、「片対数グラフ」表示にしたものが以下の図です。
青点線は、予測近似曲線(前方補外として今後1週間を設定した)です。
 

**************************
●対数グラフを見ても明らかなように勾配が急峻になりつつあります。つまり、感染増加スピードが増えていることを意味します。
対数グラフのいくつかのポイントを選択して、そのポイントの”直近5日”の感染者数データを使って、感染者数が”2倍”になる日数を計算してみました
https://note.com/ogatahisato/n/nc72e01b64a7c(緒方壽人氏)
 


 

当然ながら予測値と実際値は一致しませんが、
注目すべきは、感染者数が2倍になる日数がどんどん少なっているという点です(14.4 >9.4 > 8.6 >8.3)。
つまり、現時点ではおよそ8日間で2倍に増加するペースです。

●緊急事態宣言による行動変容が現時点では不十分というか全く効果がないことが明確です。
 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.