2012年12月3日 Posted by aihara

GRADEを使った国内の診療ガイドライン

国内のGRADE利用ガイドラインを、「GRADEを利用したとする基準」を参考にして評価すると、GRADEを改変したものや不適切なGRADE利用ガイドラインがあるようです。

特に、”総体エビデンス(a body of evidence)ではなく個別研究を使ったエビデンス”を対象としているため(項目#1)、その後の評価も低くなっていることが結果をみるとわかります。

ここを改善しない限りは GRADEを使ったガイドラインとは認定されません。

cpg


■国内GRADEガイドラインのGRADE利用基準を使った評価

criteria


 

About aihara

Gordon GuyattやHolger Schunemann、Yngve Falck-YtterらとともにGRADE working groupメンバーとして、GRADEシステムの適切な普及につとめています。

Comments are closed.