Posts Tagged: ‘CAT’

JAMAユーザーズガイドの補助ワークシート

2011年2月1日 Posted by aihara

「JAMA 医学文献ユーザーズガイド」におけるEBMの基本を理解するための、補助ツールとして、ワークシート(MSワードとエクセル)を公開しました。

EBM関連ワークシート
・ evidence cycle worksheets
・ critical appraisal worksheets
・ Excel spreadsheets

システマティックレビューや診療ガイドラインに関連するエビデンスの質や推奨の強さを、国内ではどのように統一していくのかわかりませんが、McMasterチームや、EBM working group, GRADE working groupのEBMを理解することが必須であり、彼らに追いつくことは、決して不可能ではないと思います。

各シートに記載されている項目は、書籍「医学文献ユーザーズガイド」及び、オンラインJAMAevidence (2011年1月時点) に発表されているものです。一部、JAMAevidenceやMcMaster大学のEBM working group (Guyatt教授より提供, 2008) のワークシートを参考としているため、書籍内容と異なっている部分がありすが、書籍内容との違いがわかるようになっています。

全ての資料は、(非営利的な利用という条件のもとで)許可なく利用してもかまいませんが、内容の確実性を保障するものではありません。

 

worksheet

GATE/EPIQ チェックリスト

2010年9月14日 Posted by aihara

2007年から2008年にGATE frameGATE-lite/RAMMBO, CATチェックリスト(エクセル)について紹介しましたが、CATエクセル(*)のひとつに不具合が見つかり、解消しました(95%信頼区間の一部にエラー)。

GATE frameの理解のために
EPIQ: GATE Frame CATチェックリスト GATE-lite(日本語版) のエクセル資料

 修正したファイル: Intervention_Studies_CAT.xls
 修正した内容: 実治療に基づく解析(OT解析)における95%CIマクロ計算機能

★上記サイトからのエクセル資料は、Prof. Rod Jacksonの協力で作成したものですが、
最新の内容はオリジナルのEPIQサイトを確認ください。

注: EPIQ チェックリストは、CAT (Critically Appraised Topics) を生成するための 統計計算機能を含めたMS Excel 文書です。
統計解析の基本は2×2表で、NNTやNNH、NNS計算だけならば、2×2分割表解析で十分です。

図: GATE/CAT解析例

gate_cat

GATE frame: CATチェックリスト(エクセル)

2008年11月27日 Posted by aihara

gate

GRADE Handbookの日本語版を作成紹介しましたが、GRADEシステムと似たものとして、GATE frameがあります。1年前のブログでも紹介しています。GATE (2007)

2008年9月にEPIQグループにより公開されたGATE frame、GATE-lite, Excel-CATチェックリストの日本語版を作成しましたのでご利用してください。

GATE Frame:
 CATチェックリスト(量的研究、質的研究)
 GATE-liteと用語集(pdfファイル)

EPIQグループのweb公開と同時に発信されたJackson教授のメッセージ(EBM-ML: EVIDENCE-BASED-HEALTH@JISCMAIL.AC.UK)をうけて、私が国内におけるGATE frameの理解向上を目的としてCATエクセル資料の日本語全訳を敢行しました。
(Rod Jackson 教授の許可のもとで、2008年9月から10月で作成したものです。翻訳協力;柴田麻衣)。

医療の現場においては、臨床医は診断や治療の決断において、なんらかの「推奨」を決定しないといけません。そして、推奨につながるエビデンス(RCTかもしれないし、観察研究、場合によっては症例シリーズによるエビデンスかもしれません)を提示する必要があります。患者を前にして、「効果があるかどうか、わからない、エビデンスがないし~~」ということは皆無と思います。

このような点から、GRADEもGATEも類似したアプローチといえます。また、両者に共通しているのは、どちらも、開発にはEBM Working Groupが参画しているということです。

GRADE system は、いまやシステマティックレビューや診療ガイドラインには必須のものになりつつあり、WHO, コクラン、UpToDate, BMJ Clinical Evidenceなどで採用されたことで、益々普及していくでしょう。

国内においても、患者の価値観や好みを考慮した診療ガイドラインが作成されることを望みます。