Posts Tagged: ‘GATE-lite’

GATEアプローチを使った批判的吟味: RAMBOMAN

2013年5月13日 Posted by aihara

NZのJackson教授率いるEPIQ(Effective Practice, Informatics & Quality Improvement)グループが、臨床疫学研究を視覚的に理解するために開発したGATE frameの最新版(2013年2月)を、Jackson教授の許可を得て日本語翻訳しweb公開しました。

GATEアプローチを使った批判的吟味

ramboman


GATE frameの旧版と最新版の違いは以下の点です。

変更項目 旧版(2011年3月) 最新版(2013年2月)
GATE CAT MS EXCEL形式 MS WORD形式
GATE計算表 Excelシート 4ページ Excel 1ページ
GATE-Lite pdf 書き込み可能なpdf
システマティックレビューCAT 評価基準(RAM)を利用したCAT (2008年) 評価基準(FAITH*)を利用したCAT

* 2011年2月に改訂され、FAITH形式が採用されました。
FAITH: Find, Appraise, Include, Total-up, Heterogeneity

参考:
GATEフレーム (1)~(3)(2007年5月)
GATE-liteと「RAMMBO」(2008年12月)

GATE-liteと「RAMMBO」

2008年12月2日 Posted by aihara

GATE Frameをコンパクトにまとめたものが、GATE-liteで、近々にバージョンアップが予定されています。
GATE Frame日本語翻訳サイト(相原)に、量的研究用CATチェックリスト、質的研究用CATチェックリストや、Gate-liteを紹介しています。

GATE-lite [第3版 (PDF、148 KB)] は、1ページからなる批判的吟味のためのクイックツールです。
電子ベースというよりは紙ベースのツールで、本ツールを使用することによって介入研究、リスク研究、予後研究、および横断研究といったさまざまなタイプの研究を評価することができます。さらに、このツールにはGATE関連の用語集も含まれています。

注:
診断テストの検査精度や症例対照研究を評価する場合は、GATE-lite に若干の修正を加えて使用したほうがよいと考えられ、現在EPIQグループは、こういった新たな GATE-lite の開発を進めています。

GATE-liteは、PECOTの概念や、Xファクターについて理解するには便利です。

gate-lite