Category: ‘JAMA医学文献ユーザーズガイド’

GRADE書籍の正誤表

2015年9月5日 Posted by aihara

医学文献ユーザーズガイド第2版、診療ガイドラインのためのGRADEシステム(初版、第2版)の正誤表を、ホームページと、ブログに、わかりやすい形で表示しました。

さまざまな誤記がありまして、申し訳ございません。
http://www.grade-jpn.com/

seigohyo

●医学文献ユーザーズガイドの正誤表

●診療ガイドラインのためのGRADEシステム2版の正誤表

●診療ガイドラインのためのGRADEシステム初版の正誤表

サブグループ解析を判断するための基準

2015年8月25日 Posted by aihara

JAMA版医学文献ユーザーズガイド(第2版)の20.4章は「いつサブグループ解析を信頼するか」で、サブグループ解析の結果が妥当なものかを判断するための7つの基準がよく知られています。

subgroup-7

GRADEシステムにおいては、body of evidenceの非一貫性がある場合に、サブグループ別にエビデンスを提示する必要があり得ます。

上記の従来の7基準に、新たに4項目が加えられた基準(以下の蛍光部分)が発表されています。
Is a subgroup effect believable? Updating criteria to evaluate the credibility of subgroup analyses
BMJ 2010;340:c117

Criteria to assess the credibility of subgroup analyses

Design

  • Is the subgroup variable a characteristic measured at baseline or after randomisation?*
  • Is the effect suggested by comparisons within rather than between studies?
  • Was the hypothesis specified a priori?
  • Was the direction of the subgroup effect specified a priori*
  • Was the subgroup effect one of a small number of hypothesised effects tested?

Analysis

  • Does the interaction test suggest a low likelihood that chance explains the apparent subgroup effect?
  • Is the significant subgroup effect independent?*

Context

  • Is the size of the subgroup effect large?
  • Is the interaction consistent across studies?
  • Is the interaction consistent across closely related outcomes within the study?*
  • Is there indirect evidence that supports the hypothesised interaction (biological rationale)?

*New criteria

エビデンスの階層(Hynes “6S”) と “ACCESSSS”

2015年4月4日 Posted by aihara

事前評価ずみエビデンスの階層(Hynes “6S”)
6s

JAMAユーザーズガイドの3版では、2版のHaynes 4Sから、Haynes 6Sの記載となっています。

そして、質の高いエビデンスを効率的に検索するための実質的な手段の一つが、(JAMAユーザーズガイド3版で記載されている)、ACCESSSSです。

************************************************

ACCESSSS: 

ACCess to Evidence-based Summaries, Synopses, Systematic Reviews and Studies.

*************************************************

ACCESSSSを使った検索例;胃がんとHP

accessss

 

 

医学文献ユーザーズガイド 第2版から第3版へ

2015年3月28日 Posted by aihara

JAMA版 医学文献ユーザーズガイドの第2版から、第3版改訂においてはどのような変化があるのだろうか。

第2版:医学文献ユーザーズガイド2版(相原、凸版メディア 2010)
第3版:Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, 3rd Edition (2015)

●大きな変更:
1.GRADEが基礎編にも記載されて、さまざまな章において、GRADEが登場している。
2.次の2つの章が新しく追加されている。
(1)Genetic association studiesに関する批判的吟味
(2)Network meta-analysis(NMA)のエビデンスに関する批判的吟味

●マイナーな変更:
例1.
基礎編において、EBMの基本原則に関して、従来の2つだったものが、次の3つになった。
EBMの3つの基本原則
1.最適な臨床決断には入手可能な最適なエビデンス、理想的にはシステマティック・レビューのエビデンスを必要する
2.EBMは、エビデンスが信頼できるものかどうか、すなわち、診断検査、患者の予後、治療選択肢についてどれほど確信をおけるものかを提供する。
3.エビデンスだけでは臨床決断をするのに決して十分ではない

例2
誤解を招く臨床試験結果報告に対処する8つのガイドが、7つのガイドになった

その他、略

*****************************
NMAについては、診療ガイドラインのためのGRADEシステム(GRADE教科書)の改訂第2版において、具体的な解析例といくつかの解析ツール(R,STATA, Excel)を使って、その手順を含めて詳細に記載しています。 (^^)
たぶん、今回のJAMA3eの内容よりは、より実践的で、わかりやすいと思います。

GRADE2版は、来月末?出版です。

JAMA-UG 第3版!

2015年3月3日 Posted by aihara

ついに公開されましたね。

NEW EDITION:
Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, 3rd Edition

jama-ug

jama_ug3e

医学文献ユーザーズガイド(第2版) : JAMA-UG2e 翻訳版

2012年12月5日 Posted by aihara

EBMの教科書といえば、Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, Second Edition(Guyatt G, Rennie D, Meade M,Cook D, editors. 2nd ed. New York, NY: McGraw-Hill; 2008)であることは、世界中のどなたも認めることで、この点について否定する方はいないと思います。

jama

 


本書は、Users’ Guides to the Medical Literatureの簡略版ではなくフルバージョンで、エビデンスをどのようにして見つけるか、システマティックレビュー/メタアナリシスとはどのようなものか、エビデンスの質をどう評価するか、エビデンスから推奨をどのように決定するのか、GRADEシステムとはどのようなものか、などがわかりやすく解説されています。


arrow


 

このEBMの教科書を日本語翻訳したものが、JAMA版医学文献ユーザーズガイド:根拠に基づく診療のマニュアル、第2版(相原 他、凸版メディア、2010)で、約30人の国内EBMerの協力のもとで全訳が完成し2010年に出版できました。
EBMを学ぶ人、GRADEを使ったシステマティックレビュー・診療ガイドライン作成者は必読です。


jama


■ 出版社から購入
■ アマゾンから購入

GRADEの基本は JAMA Users’ guides to the Medical Literature

2012年6月2日 Posted by aihara

GRADEに関する情報を日本語で提供していますが、GRADEシステムの基本は Guyattらの JAMA-Users’ Guides to the Medical Literatureという有名なEBMの教科書によく記載されていることを知らない方が多いようです。

JAMA医学文献ユーザーズガイド- 根拠に基づく診療のマニュアル(第2版)(相原、他監訳、凸版メディア株式会社、2010年10月)は、国内のEBMにたずさわる方々の協力のもとで、以下のJAMA Users’ Guides to the Medical Literature(2e)を翻訳したものです。

Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice, 2nd Edition (ed. Gordon Guyatt, Drummond Rennie, Maureen O. Meade, and Deborah J. Cook)

jama_ug


図は、「GRADEシステムの使い方」(ppt)に追加したスライド1枚です。

JAMAユーザーズガイドの補助ワークシート(2)

2011年2月9日 Posted by aihara

「JAMA 医学文献ユーザーズガイド」におけるEBMの基本を理解するための、補助ツールとして、ワードとエクセル資料を公開しましたが(2011.02.01)、残りのエクセル資料を追加しました。

・・・臨床論文のデータ理解にも役立つと思います。
エクセルファイルの一部は、VBAマクロを利用していますので、行列の挿入や削除操作で不具合がでる可能性がありますので注意してください。

EBM関連ワークシート
 face_table.xls: 意思決定と患者への情報伝達のための、faceマーク
 Therapy.xls:治療介入に関連した効果の推定(2×2計算、2値アウトカムや連続アウトカムからのNNT、サンプルサイズなど)

例: Tx(VBA).xls: Therapy.xlsのVBAマクロ操作バージョン

face_table
excel

JAMAユーザーズガイドの補助ワークシート

2011年2月1日 Posted by aihara

「JAMA 医学文献ユーザーズガイド」におけるEBMの基本を理解するための、補助ツールとして、ワークシート(MSワードとエクセル)を公開しました。

EBM関連ワークシート
・ evidence cycle worksheets
・ critical appraisal worksheets
・ Excel spreadsheets

システマティックレビューや診療ガイドラインに関連するエビデンスの質や推奨の強さを、国内ではどのように統一していくのかわかりませんが、McMasterチームや、EBM working group, GRADE working groupのEBMを理解することが必須であり、彼らに追いつくことは、決して不可能ではないと思います。

各シートに記載されている項目は、書籍「医学文献ユーザーズガイド」及び、オンラインJAMAevidence (2011年1月時点) に発表されているものです。一部、JAMAevidenceやMcMaster大学のEBM working group (Guyatt教授より提供, 2008) のワークシートを参考としているため、書籍内容と異なっている部分がありすが、書籍内容との違いがわかるようになっています。

全ての資料は、(非営利的な利用という条件のもとで)許可なく利用してもかまいませんが、内容の確実性を保障するものではありません。

 

worksheet

JAMA医学文献ユーザーズガイド

2010年10月18日 Posted by aihara

JAMA Users’ Guidesフルバージョンの日本語翻訳版が完成、出版となりました(2010年10月)
医学文献ユーザーズガイド 根拠に基づく診療のマニュアル(第2版)(相原他、凸版メディア、2010年)

EBMの聖書ともいわれる JAMA Users’ Guides to The Medical Literatureですが、フルバージョンの A Manual for Evidence-Based Clinical Practiceの翻訳です。EBMの学習者だけではなくEBMの指導者にとっても有用なものと思います。

出版社、あるいはアマゾンから購入可能です。

jama-ug