Category: ‘GRADEシステム’

系統的レビューや診療ガイドラインの作成において何が一番使われているのか

2020年6月4日 Posted by aihara

Are systematic review and guideline development tools useful? A Guidelines International Network survey of user preferences
https://twitter.com/gin_member/…/1268112495413202944/photo/1

**************
系統的レビューや診療ガイドラインの作成を支援するツールが140以上もある現状で、どのツールがよく使われているのか使用しているのだろうかということを、Guidelines International Network(GIN)がアンケート調査した結果です。

全体の回答率は34%。GRADEpro GDTが最も人気のあるツール(回答者の26%)で、Dropbox(16%)とRevMan(14%)がそれに続いた。

ほとんどの回答者(85%)が特定ツールを使用した理由は、「より効率的であるため」であった。ほとんどのユーザーは、このツールを再度使用すると述べ(95%)、95%が他の組織にこのツールを推奨するだろうと述べている。
******************

国内の多くのガイドライン作成者は、GRADEpro GDTの機能を十分に活用できていないように思います。
例、ガイドライン作成プロセスのスケジュール管理、アウトカムの重要性の優先付け、~~~

●”GRADEpro GDTの利用法”・・・・ 「診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」 p297-307 追加資料(6)を。
http://www.grade-jpn.com/grade3e_cover.html

●GDTの使い方:臨床疑問の優先順位づけ
http://aihara.la.coocan.jp/?p=3636

EBMを超えて-診療ガイドラインの動向や新しい潮流(GRADE)を中心として

2020年3月26日 Posted by aihara

 

臨床婦人科産科 74(2), 2020から依頼されたものが発表になりました。

今月の臨床 はじめての情報検索 知りたいことの探し方・最新データの活かし方

EBMを超えて-診療ガイドラインの動向や新しい潮流(GRADE)を中心として

以下のような内容ですが、フリーでは公開できません。
***********************************************************
●GRADEアプローチ
●推奨のためのエビデンス検索
●GRADE ADOLOPMENT
●ランダム化試験と非ランダム化試験の統合
●リビングシステマティックレビュー(living systematic review)
●リビングガイドライン(living guideline)
***********************************************************

*別冊が50部程度あるので、希望者(郵送先を含めて)は連絡ください。
ezy01757@nifty.ne.jp

GIN-McMasterガイドライン作成チェックリスト 日本語版ーweb表示の不具合

2020年3月17日 Posted by aihara

2018年9月に紹介したブログ記事で、GIN-McMasterガイドライン作成チェックリスト(GDC: Guideline Development Checklist)翻訳版の完成を連絡しました。
http://aihara.la.coocan.jp/?p=9006

チェックリスト本体の翻訳は、私とMindsグループ(畠山氏)で実施したものです。
ところが、実際にMcMaster webサイトで紹介されたものは、以下のような不具合があります(海外の方がトップ画面を作成したことによると思います)。
https://cebgrade.mcmaster.ca/GDCtranslations/guidelinechecklistjapanese.html

*********************************
■タイトル:
GIN-McMaster リストを作成するためのガイド – 中国語版

■”Home”へのリンク:
”自宅”
**********************************

昨年から、Mac GRADE centerの担当者、Holgerに修正するよう何度も連絡しましたが、現在も修正されていません(Mindsの福岡先生も連絡しているようですが)。
正しくは以下のように表示されるべきものです。
下記からも閲覧可能で、本家webサイトで修正された後は削除します。

 




 

Minds Tokyo GRADE Center設立記念関連イベントに関する動画

2020年3月16日 Posted by aihara

Mindsからの「おしらせ」連絡です。
HolgerやGRADE working groupは、これまでも同じことを何度も解説していますが・・・
また、解説内容や質疑応答での質問に対する回答は、「診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」に記載しています。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■Minds Tokyo GRADE Center設立記念関連イベントに関する動画を公開しました。
2019年11月29-30日開催、以下のMinds Tokyo GRADE Center設立関連イベントの動画を公開しました。
詳細は以下URLをご参照ください。

Minds Tokyo GRADE Center設立記念講演会
  https://minds.jcqhc.or.jp/s/grade_center_lecture

第22回 診療ガイドライン作成グループ意見交換会
  https://minds.jcqhc.or.jp/s/exchange_opinions_20191129

第1回 Minds Tokyo GRADE Center Workshop
  https://minds.jcqhc.or.jp/s/grade_center_workshop_1st

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

なぜか自分のPC環境では、Holgerの最後の数分が再生されない。。。

 

検査精度に関するエビデンスの確実性を評価するためのGRADEシステム

2020年3月9日 Posted by aihara

[JCE GRADEシリーズ#21] 検査精度に関するエビデンスの確実性を評価するためのGRADEシステム:

■Part1: バイアスのリスクと非直接性
GRADE guidelines: 21 part 1. Study design, risk of bias, and indirectness in rating the certainty across a body of evidence for test accuracy.

https://doi.org/10.1016/j.jclinepi.2019.12.020

■Part2: 非一貫性、不精確さ、出版バイアス、その他のグレードアップドメイン
GRADE guidelines: 21 part 2. Inconsistency, Imprecision, publication bias and other domains for rating the certainty of evidence for test accuracy and presenting it in evidence profiles and summary of findings tables.

https://doi.org/10.1016/j.jclinepi.2019.12.021

診断精度研究に関するGRADEシステムについては、「診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」に記載していますが、上記論文のPart2においては、dose-response relationshipによるグレードアップ例が記載されています。
ROC curve showing a clear and consistent sensitivity-specificity relationship = (the diagnostic equivalent of a dose effect) 

時間イベントアウトカムについて絶対効果を計算する方法

2020年3月2日 Posted by aihara

GRADE guidelines 27: how to calculate absolute effects for time-to-event outcomes in summary of findings tables and Evidence Profiles.

J Clin Epidemiol. 2020 Feb;118

Time-to-eventデータを使ったレビューやガイドラインを作成している方々には必須の内容です。
「診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版」にも一部を記載しています。
絶対効果を誤って計算しているガイドラインが少なくないです。

Abstract

**********************************************************

OBJECTIVES:
To provide GRADE guidance on how to prepare Summary of Findings tables and Evidence Profiles for time-to-event outcomes with a focus on the calculation of the corresponding absolute effect estimates.

STUDY DESIGN AND SETTING:

This guidance was justified by a research project identifying frequent errors and limitations in the presentation of time-to-event outcomes in the Summary of Findings tables. We developed this guidance through an iterative process that included membership consultation, feedback, presentation, and discussion at meetings of the GRADE Working Group.

RESULTS:
Review authors need to carefully consider the definition of the outcome of interest; although often the event is used as label for the outcome of interest (e.g., death or mortality), the event-free survival (e.g., overall survival) is reported throughout individual studies. Review authors should calculate the absolute effect correctly, either for the event or absence of the event. We also provide examples on how to calculate the absolute effects for events and the absence of events for various baseline or control group risks and time points.

CONCLUSIONS:
This article aids in the development of Summary of Findings tables and Evidence Profiles, including time-to-event outcomes, and addresses the most common scenarios when calculating absolute effects in order to provide an accurate interpretation.

Cochrane ハンドブック(version 6, 2019)全訳

2020年1月21日 Posted by aihara

Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventionsを昨年11月に購入し、オンライン版を含めて、全パートおよび全26章を読んでみました。

さて、新版(version 6, 2019)では、旧版(5.1~5.2)と変わらないchapterもありますが、特に以下の変更があります。

***********************************************************
●Part1~Part4、online technical supportで構成
●ハンドブック全体でのCochrane’s Methodological Expectations for Cochrane Intervention Reviews:MECIR)。
●Cochrane Reviewの報告(第3章)、および更新(第4章)に関する拡大ガイダンス。
●適格基準の開発と各統合のためのPICO設定に関する新しいガイダンス(第3章)。
●バイアスのリスク評価:RoB 2.0 (RCT), ROBINS-I(非ランダム化試験など)(8章、25章)
●研究特性の要約と統合の準備に関する新しいガイダンス(第3章と第9章)。
●ネットワークメタアナリシスに関する新しいガイダンス(第11章)。
●メタアナリシス以外の方法を使用した結果の統合に関する新しいガイダンス(第12章)。
●結果の欠損(missing result)によるバイアスのリスクの評価に関する更新ガイダンス(第13章)。
●介入の複雑さに対処する新しいガイダンス(第17章)。
*************************************************************

2か月かけて全訳したら・・・ 700pにもなりましたが、残念ながら(日本語版としては)公開はできません。
各章のKey pointsだけでも紹介してもよいかと何度か問い合わせましたが無理でした。
今後、不定期に更新版の内容をブログやMLで紹介していきます。

 

当然ながら、いたるところに、GRADEシステムによる判断が必要となります。
システマティックレビューや診療ガイドラインを作る、使う、伝える、立場の方々には必須のものです。

エビデンス総体の確実性評価や、ガイドラインにおける推奨の強さを作成、理解する基本は、
医学文献ユーザーズガイド3版
診療ガイドラインのためのGRADEシステム3版
を参照してください。

 

GRADE center/networkのミッション

2020年1月9日 Posted by aihara

Minds Tokyo GRADE centerの設立については昨年紹介しました。

具体的な活動がどのようなものか知りませんが、国際的なレベルでは13番目のGRADE cencer/networkとなります。
一般にGRADE center/networkには、たとえば、以下のミッションがあります。

Mission of GRADE centers/networks
The mission of GRADE centers/networks is to help the GRADE working group in the training, promotion, dissemination and implementation of GRADE. Therefore a GRADE center/network should:

  • Develop effective actions to spread the use of GRADE methodology in health guidelines and systematic reviews through advocacy, training and support of guideline developers and review authors.
  • Provide methodological support to national, regional or professional organizations and guideline development programs.
  • Conduct workshops and graduate courses on GRADE application e.g. for students, residents, fellows and faculty members.
  • Conduct workshops and graduate courses on GRADE application e.g. for health science students, trainees, and faculty members.

ただし、以下の注意があります。

If a GRADE center/network does not have any activities to report over the preceding three years, the GGG (GRADE Guidance Group) will reserve the right to de-register the GRADE center/ network.

Minds Tokyo GRADE centerがそのミッションをはたすと、Mindsで承認され公開となる診療ガイドラインの質はどんどん向上するはずです。

 

GRADE3eの正誤表

2019年5月14日 Posted by admin

診療ガイドラインのためのGRADEシステム第3版の正誤表です。

http://www.chugaiigaku.jp/item/detail.php?id=2720

Minds Tokyo GRADE center

2019年4月24日 Posted by admin

GRADEセンターの国内設立を提案してから3年、やっと承認されて完了しました。

福岡先生からも直接連絡があり、またMinds連絡ニュースにも以下のようにありました。
********************************************************
■1.『Minds Tokyo GRADE center』設立承認のご案内
https://minds.jcqhc.or.jp/guide_author/info_detail/T0012480

これまでMindsでは、『Minds診療ガイドライン作成マニュアル』の開発・提供、Holger Schunemann教授(カナダ・マクマスター大学)を招聘したセミナー・ワークショップの実施等を通して、GRADEアプローチの普及に努めてまいりました。
このたび、「Minds Tokyo GRADE center」の設立が正式に承認されましたので、お知らせいたします。Mindsウェブサイトへの関連情報掲載、具体的な取り組みにつきましては後日ご案内いたします。GRADE working groupの取り組みについては、下記URLをご確認ください。
http://www.gradeworkinggroup.org/
*******************************************************

徐々にガイドラインの質が向上することでしょう。